ガン患者の闘病と投資日記

34歳にしてガンを患い闘病中に治療費を稼ぐために株式トレードを始めました。

2月8日 株式投資報告 (±0円)

2/8 日経平均終値 21,890.86円(前日比+245.49)でした。

前場から回が目立っていた印象があります。

ダウ平均の終値が24,893.35円(前日比-19.42)と連邦算出上限の引き上げを含む予算方針を政府が出したことにより、今後の赤字を懸念して一時買い優勢の値動きでしたが、調整される形となりました。

 

今週に入ってからの日米の怒涛の下げから調整十分と見て、特に日本の場合は好決算も相まって連日日経平均が上がっています。

いよいよ明日から正式に平昌オリンピックが開幕し、各国4年に1どの冬祭典を迎えますが、南北挑戦の動向なども含めて少し冷静に見ていく必要があります。

 

さて、現在私が保有している銘柄は、5銘柄ありいずれもマナカブの先生である中山先生によって選定された銘柄です。ですので、このばで勝手に公開することはルール違反となりますので、公表は控えさせてください。

 

現状、5銘柄保有して含み益は+167,904円とまずまずな結果です。

というのも、先日まで含み益+450,000円で推移していたので、

今週初めの大波にまんまとやられている次第であります。

 

その下げによって資金繰りが難しく、購入できずに指をくわえている銘柄が1つあります。

 

それは、【3652 DMP】です。

チャート

こちらがそのチャートなのですが、

1月11日を境に急落しています。

 

f:id:notaline:20180208222759p:plain

この銘柄、実は明日2月9日が決算発表日で、2Qの決算発表時にプラスに転じている銘柄なのです。しかも、よく見ると、主な取引先が Sony、シャープ、任天堂となています。

 

Sonyは皆さんもご存知の通り、先日好決算を発表し新社長を迎えさらに躍進すると意気込んでおり、シャープもホンハイに買収されたことで業績が上向いてきており(無駄をカットしているため)、任天堂はswitchが非常に好調でこちらも好決算となっています。

その3社に起因するということは、今回の決算も良いのではないか???と思われるのです。

 

そして、財務面を見てみると、

この会社の特徴は自己資本比率の高さです。

自己資本比率が95.8%‼︎

また有利子負債0円時ています。

利益余剰金が-265百万ですが、これはこれまで赤字であったために起こっていることで、今後業績が上向けば解決されるだろうと思われます。

 

第2四半期の経常利益は目標である5,000万円の38%となっており、

明日発表される数値が伸びれば、先日の下げからの回復も相まって

良い結果になるのではないかと踏んでいます。

 

しかしながら、資金繰りができず購入できない‥‥。

 

こういったまだまだ素人の見立てですが、

マナカブでみっちり教わって、その後の質問など

イムリーに卒業後も答えてくれるシステムだからこそ、

ここまで楽しく株式投資ができているのです。

 

いきなり株の学校は資金面も厳しいし‥‥と思っているそこのあなた!

中山先生は本も出しています!!!

 

理論立てて説明がされていますので、

私のようにこれまでやみくもにトレードをしていた人間からすると

目から鱗の教材でした。

 

皆様もぜひ、参考にしてみてください!