ガン患者の闘病と投資日記

34歳にしてガンを患い闘病中に治療費を稼ぐために株式トレードを始めました。

癌治療に集中するための資金確保術を考える

癌治療は根気が必要なんです!

癌治療は一朝一夕では解決しない問題で、

根気強さが必要だと日々痛感しています。

 

毎日のように体の変化を観察し、

定期的に抗がん剤などの治療のために病院に出向く。

病院に行くのなんてたいしたことない!と思うでしょうが、

病院は待ち時間が本当に長くて、

下手をすると2時間以上待つことだってあったりするんです。

 

待つって結構疲れるんですよ。

座ってじっと待っているだけなんですが、

病院にいる人たちは、病気にかかっているか、

医者か、看護師がほとんどな訳で、

決して幸せなオーラが漂う人ばかりではないんです。

 

そんな中ただひたすら待つ。

そして、治療を受ける。

 

体力もそうですが、精神的な部分が消耗してきがちです。

 

治療も短期決戦であればラッキーですが、

長丁場になることも想定しながら動かなければならないため、

自然とお金のことが頭をよぎります。

 

家族の大黒柱が癌になると

要するにメインの稼ぎ頭が癌でダウンすると、

その過程のインカムは事実上減ってしまうか最悪の場合ストップします。

もちろん傷病手当金など国の制度もありますし、

保険でまかなえる人もいるでしょう。

それでも、毎月定期的に出費があるわけで、

家のローン、食費、光熱費、保険料、学資保険、保育園料など、

上げていくとどんどん気持ちが滅入ってきますが

現実問題としてそういった出費はあるのです。

 

大黒柱がダウンするということは、

これらの出費に対するインカムを賄う原動力がなくなるため、

他の人が補っていく方向で考えていくことを余儀なくされます。

 

そんな時こそ株式投資を勉強しよう!

私もそうでしたが、株式投資と聞くと、

ギャンブル、損する、楽して稼げるわけがないなど、

あまり良くないイメージばかりが先行するものですよね。

 

でも、よく考えてください。

株は楽もしていないし、ギャンブルでもないのです。

 

楽をして利益何ぞ得られるわけがない!

楽して利益が出るのであれば、

みんな株式投資をすることでしょう。

でも株式投資は他の習い事と同じように、

勉強して、情報を仕入れながら、自分なりの予測を立て、

その予測に対してルールで決めた投資資金を投資し、

自分の欲とも戦いながら利益につなげていく作業です。

 

決して楽ではありませんし、

闇雲にやって利益何ぞ出るわけはありません。

 

株はギャンブルとは全く違う!

投機性のあるものはギャンブルの要素を感じてしまいますが、

株はギャンブルとは大きく違い、

資金がゼロになって、即終了ということにはなりません。

含み損という形でマイナスの状態を維持しながら回復を待つことができるのです。

 

投資したい会社の業績や財務状況を確認し、

これからの伸びしろなどもファンダメンタルズから紐解いていき、

そこに投資していくのです。

 

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

 

ですから、カジノのルーレットのように

赤 or 黒のどちらかにかけ、負けたら資金がなくなるという

単純なものではないのです。

 

癌患者にあるのは「時間」

こんな言い方をするとおかしいと言われそうですが、

私が癌患者になってよかったなぁと思うことは、

時間がサラリーマン時代に比べ圧倒的に増えた点です。

 

娘との時間も妻との時間もゆっくり取れますし、

毎日のように3人で食卓を囲むことができます。

 

「時間」は貧富の差がなく非常に平等なもので、

全員1日24時間と決められています。

 

その24時間のうちの大半を自分の時間として活用できるのは、

癌患者含め闘病に集中している方のメリットだと思います。

その時間を使って勉強すればいいのです。

 

株の学校に行くのもよし

こんなことを書くと回し者だと思われるでしょうか、

学校に行くのであれば東京のマナカブをお勧めします。

理由は明確です。

 

  1. 私が実際に卒業して利益を上げられているから
  2. 利益が出なかった場合の返金システムがあるから
  3. 何よりも卒業してからのアフターサービスが充実しているから
  4. 講師の中山先生は本物のトレーダーだから

 

最後の4番は文字にすればするほど胡散臭くなりますが、

本物のトレーダーというのは理論立てて物事を判断し、

ルール通りにトレードをして利益を上げられる人をさしているつもりです。

 

マナカブは体験授業がありますので、

それに参加していただければ私の言わんとしていることがわかると思います。

 

本で学んでたくさん失敗するもよし

今でもたくさん失敗をしていますが、

やはり経験に勝る教科書はないと思います。

経験を重ねて、本で調べながら投資の仕方を覚えていくことで、

着実に軌道修正ができていくのではないかと思います。

 

今後このブログでも私なりのファンダメンタルズを紹介していきます

乞うご期待ください!